美容師の無駄に競馬予想 へなちょこ馬券師 帯封を狙う

毎週末行われる競馬の予想を行います!

2016 宝塚記念はキタサンブラックの1強で決まり?不安要素は?

f:id:moritoki0829:20170620203107p:plain

 

現役最強の名を欲しいままにしているキタサンブラックだが、3歳クラシックのダービーでは唯一ではあるが二桁着順に敗れている。宝塚記念は1番人気濃厚に加え、相手と言う相手も見つからない。天皇賞・春ではサトノダイヤモンドという強敵がいながらも1番人気の2.2倍。この相手が見つからない状態ならば1倍台は、間違いないだろう。

 

 

しかしキタサンブラックに不安要素はないのだろうか?過去の戦績を見ると意外とそんな事はない。先述したようにダービーでは唯一馬券を外しての二桁着順。これは特に考える必要はないだろう。それ以外には綺麗に並ぶ、1.2.3という数字。

 

 

その1ではなく、2.3という数字に注目してみると、中山と阪神に限った事だった。それは2つのグランプリレースとなる、有馬記念・宝塚記念が行われる競馬場で華々しい成績にも少し泥を付けられている。またキタサンブラックはG1・5勝を提げながらも未だグランプリには手が届いていない。

 

 

そして過去のレースを見てみると、1倍台で走った1番人気は12頭いながら勝ったのは4頭のみ。昨年は1倍台に推されたドゥラメンテがマリアライトに先着を許した。その後の3着だったのがこのキタサンブラックだ。

 

 

負けて強し、と言われる競馬をしたもののグランプリにあと一歩の所で届かないのは一昨年の有馬記念から始まっている。春古馬G13連勝という凄まじい強さをここでも見せつける事が出来るだろうか!?

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

僕が少し気になっているのかミッキークイーン。前走のヴィクトリアマイルでは断然1番人気に推されながらも7着と負けている。しかし6戦3勝2着3回と連対を外していない得意の阪神コース。

 

前走はミッキークイーンらしさが見られなかった。追い出してからも何度も手前を変えてグンと伸びる感じがなく完敗だった。ミッキークイーンのこれまでの戦績を見て見ると面白いものが見られる。

 

これまで14戦して上がり最速を7度も出している。これまでに馬券を外した3つのレースはその自慢の末脚が使えずに着外に敗れている。

 

そう考えると末脚さえ活かすことができれば確実に馬券に絡むことができるということ。宝塚記念の過去10年で上がり3ハロン1位を出した馬は100%連対という素晴らしい数字を残している。どう考えてもキタサンブラックにその力はない。

 

 

そしてもう1頭上げたいのがシャケトラ

前走の天皇賞・春は確実に距離が長かっただろう。中距離で結果を残して来ているこの馬にとってはかなりの格上挑戦になったに間違いない。

 

そしてこの馬は上がり最速を5度出している。それも7戦して5度いうのはかなり素晴らしい数字だろう。しかもしっかり中断につけてのレースができる上に、日経賞ではG1馬相手に臆さず勝利している。阪神コース3戦3勝、上がり3ハロン全て最速と素晴らしい戦績である。

 

 

この2頭がキタサンブラックにどこまで食い下がれるか。もしくは食ってしまうかはわからないがとても楽しみな存在ではある。

 

キタサンブラックの不安要素はなかったようで色々とある。少頭数となりそうだが、競馬に絶対はないと信じたい。

 

 


競馬ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報