美容師の無駄に競馬予想 へなちょこ馬券師 帯封を狙う

毎週末行われる競馬の予想を行います!

優駿牝馬オークス2017 枠順確定 樫の女王を徹底攻略!? 今年の主役はやはりあの天才騎手か!?

こんにちは!!

 

今週末は優駿牝馬オークス2017 3歳クラシックの第1戦の桜花賞を制したのはレーヌミノル。反撃にでたい2歳女王ソウルスターリング、シルバー続きのリスグラシュー。前走の大敗から巻き返したいアドマイヤミヤビ、ミスパンテールなど面白い存在が揃いました。

 

 

その前に、昨日は川崎競馬場に初参戦して来ました!土日が仕事ということで中央競馬への参戦はかないません。ということで初めての競馬場でした!!とっても楽しかったです。初めての競馬場で初めての重賞・川崎マイラーズカップ。史上2人目となる7000勝の達成をこのレースで決めた的場騎手。

 

f:id:moritoki0829:20170518144705j:plain

 

馬券は外したけどなんとも素晴らしいレースでした。5月17日、そのまま馬券を3連単BOXで買えば帯封持って帰れたなってわけのわからないことを言いながら電車で帰宅しました。

 

しかし、今日は馬ではなく、玉で勝負。した結果、今月分の負けを減らすことができたので週末のオークスにもう一度夢を買いたいと思います笑

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

1枠1番モズカッチャン

1枠2番ソウルスターリング

2枠3番フローレスマジック

2枠4番ミスパンテール

3枠5番モーヴサファイア

3枠7番ハローユニコーン

4枠7番ディアドラ

4枠8番ホウオウパフューム

5枠9番ディーパワンサ

5枠10番ブラックスピーチ

6枠11番レッドコルディス

6枠12番ブラックオニキス

7枠13番レーヌミノル

7枠14番リスグラシュー

7枠15番ヤマカツグレース

8枠16番アドマイヤミヤビ

8枠17番カリビアンゴールド

8枠18番マナローラ

 

フルゲート18頭で行われる優駿牝馬。枠順が確定いたしました。

 

今年の3歳牝馬はレベルがかなり高い。無敗の父フランケルの娘、2歳女王のソウルスターリング桜花賞でまさかの敗戦。3着を死守するのに精一杯だった。勝ったのはレーヌミノルテン乗りの池添騎手が昨年のシンハライトの雪辱をここで晴らす格好となった。

 

前走レース別で見ると8勝2着5回3着4回という桜花賞が他のレースを圧倒。フローラSからは1勝2着4回3着4回。あとは忘れな草賞の勝ち馬が2頭勝利している。

 

また脚質で見ると差し馬が強い傾向となっており、過去10年で馬券になった30頭中27頭は4コーナーの通過順は4番手以下だった。長い直線の東京競馬場、初めての2400mという距離で差し馬が有利ということがここでわかる。

 

 

1枠1番モズカッチャン

初勝利までに時間を費やしたが、12番人気ながらオークストライアルのフローラSで勝利。大穴を開けた。最後の直線、ゴール前で末脚は素晴らしいものがあった。その前の500万下では先行気味にレースを進め4コーナーでは先頭に立って押し切り勝ち。自在性もあるが前走のように末脚を活かせる東京の舞台。桜花賞組に割って入ることができるだろうか?

 

1枠2番ソウルスターリング

前走ではまさかの3着。馬場が悪かったことが敗因だろう。東京競馬場ではアイビーSを勝っている。その時の2着馬は皐月賞でも2着になったペルシアンナイト。実力はもちろん上位ながら距離は未知数。母のスタセリタもディアヌ勝・ヴェルメイユ賞を勝っていることから距離もそこまで問題はないだろう。

 

2枠3番フローレスマジック

勝ち鞍に恵まれないものの重賞でもずっと安定した走りをしている。2400mという距離も問題なくこなすことができそうだ。アルテミスSでもリスグラシューにコンマ1秒差、クイーンSではアドマイヤミヤビにコンマ3秒差、前走はタイム差なしとなればここで一気に出て来てもおかしくはない!

 

2枠4番ミスパンテール

前走の桜花賞では4番人気ながら16着と大敗。キャリア浅・馬場が影響したとはいえ、負けすぎ感は否めない。距離も未知ながら四位騎手が少し怖い存在ではある。

 

 

 




スポンサーリンク

 



 

3枠5番モーヴサファイア

前走のあすなろ賞を快勝した北村騎手が今回も鞍上に。その前は福寿草特別では牡馬相手に4着と好走。野路菊Sでもアメリカズカップにコンマ1秒差の2着。そして距離の問題はないだろうが、重賞での馬券がないのは少しきになる。

 

3枠7番ハローユニコーン

過去10年で2勝している忘れな草賞の勝ち馬。距離が伸びても大丈夫そうな感じはする。田辺騎手が鞍上になるのはプラス。良馬場でも稍重でも走るのは好材料。一気に登り上がってくる可能性もあるだろう。

 

4枠7番ディアドラ

桜花賞では上がり最速を出しての6着と好走。オークスの前にもう1レース挟んでいるがどうだろうか?

 

4枠8番ホウオウパフューム

前走は大敗。松岡騎手との新コンビで新たな一面を出すことができるかも!?

 

7枠13番レーヌミノル

桜の女王に輝いたレーヌミノルだが、やはり距離不安は払拭できない。先行馬には厳しいレースになりそうだが、クラシック初戦を制したG1馬として不甲斐ないレースはできない。

 

7枠14番リスグラシュー

距離が伸びて良さそうなのがこの馬。チューリップ賞ではミスパンテールにも先着を許し人気を少し落としての桜花賞だったが、ここでも直線で鋭く伸びて勝ち馬に半馬身差での2着。天才武豊騎手の手綱に導かれ初のG1制覇を目指す。

 

7枠15番ヤマカツグレース

フローラSでは勝ち馬にタイム差なしの2着。横山ジョッキーが不気味な存在。こちらも距離が伸びても良さそう。怖い存在である。

 

8枠16番アドマイヤミヤビ

前走桜花賞の大敗から巻き返しを図りたいアドマイヤミヤビ。こちらも距離は伸びた方が良さそう。マイルではやや忙しいイメージだった。重賞2勝馬のカデナにも勝っている。この馬が馬券の取捨に迷いそうな存在となる。

 

 

ハイレベルの3歳牝馬のクラシック第2戦となる優駿牝馬。2歳女王の復権なるか、レーヌミノルの2冠達成か、はたまた新たなヒロインの誕生か!?

 

面白いレースになりそうです!!

 


競馬ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報