読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師の競馬ブログ

毎週末行われる競馬の予想を行います!

混戦模様!?牝馬クラシック第2戦 オークスはどうなる!?

こんばんは!

 

 

昨日の牝馬クラシック初戦を制して桜の女王に輝いたのは、カデナなど牡馬を負かしたアドマイヤミヤビではなく、阪神JF2歳女王のソウルスターリングでもなく、小倉2歳Sを勝って以来勝ち星に恵まれていなかったレーヌミノルだった。

 

 

気がつけば2歳G1の阪神JFの着順が入れ替わっただけだった。1600mという距離だからこそ望める馬もいる桜花賞。しかしクラシック2戦目は2400mという距離。桜花賞を制したレーヌミノルもこのオークスに向かうかは未定。そして絶対女王だと思われていたソウルスターリングですらオークスに向かうかは未定。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

距離が伸びて良さそうなのはアドマイヤミヤビ、リスグラシューあたりだろうか?リスグラシューに騎乗した武豊騎手もオークスは勝ちに行きたいと明言している。アドマイヤミヤビが12着と全く良いところなく負けたことに関しては馬場状況がかなり影響したようにも思えるがそれでもソウルスターリングとの差を感じてしまう。

 

 

逆に稍重馬場でも最後の素晴らしい末脚で勝ち馬レーヌミノルに迫ったリスグラシューチューリップ賞で埋まるはずもないと思ったソウルスターリングとの差をかなり縮めたような気もしている。またしても惜しい競馬で2着とシルバーの多いリスグラシューオークスはより勝ちにこだわるレースとなりそうだ。

 

 

また3着ソウルスターリングにクビ差まで迫ったカラクレナイ、それにクビ差まで迫ったアエロリットも面白い存在ではある。今回の桜花賞馬のレーヌミノルには一度は先着したことのあるカラクレナイ、アエロリットももちろんこれからもチャンスがある。どちらも掲示板を外さない安定した走り。これからの牝馬路線も侮れない。

 

 

そして道悪を気にせず上がり最速を出したディアドラ。こちらは道悪巧者ともいうべきか!?6着と言えども上位相手は重賞ウィナーばかり。14番人気から6着とはかなりの好走だろう。馬場が湿った時のディアドラは要注意が必要だろう。

 

 

 




スポンサーリンク

 



フランケル産駒のもう1頭、ミスエルテもまだ目が離せない。今回のレースはアドマイヤミヤビと同じくやはり良いところなしだったが、ここで見切りをつけるにはまだ早いくらいの逸材ではあるだろう。

 

 

ミスパンテールもそうだ。キャリア2戦での桜花賞となったが、キャリアの浅さを露呈することとなったレースだった。まだまだレース慣れしていない感もある。しかし素質は十分。もっと距離が伸びた時にどのようなレースをするかが楽しみな存在ではある。

 

 

そしてやはり忘れてはいけないのはファンディーナ。桜花賞ではなく、牡馬クラシックの皐月賞に出走する。結果次第ではダービーもという考えだが、オークス参戦の可能性もまだ残っている。

 

 

何れにしても今週末に行われる皐月賞でファンディーナがどんな走りを見せてくれるかがこれからのオークスのオッズにも変化をもたらすだろう。

 

 

優駿牝馬優駿牡馬。どちらも楽しみだが、絶対女王だと思われていたソウルスターリングが敗れたことによって、よりハイレベルな戦いが予想される牝馬クラシック。牡馬クラシックにファンディーナが参戦してどこまでやれるだろうか?

 

 

混迷を極める牡馬クラシックの初戦。とても楽しみである!

 

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報