帯封狙いの競馬予想 へなちょこ馬券美容師

毎週末行われる競馬の予想を行います!

桜花賞 絶対女王のソウルスターリングはなぜ負けたのか?

こんにちは!

 

 

昨日の桜花賞ではレーヌミノルが絶対女王のソウルスターリングを差し置いて勝利。見事桜の女王に君臨したのはテン乗りで好騎乗を果たした池添騎手とレーヌミノルだった。

 

 

3年連続で単勝1倍台の1番人気が勝てていない桜花賞。昨年から言えば、ルメール騎手は2連敗になる。これまで4戦4勝と他馬を圧倒して勝ってきた姿はもちろん父フランケル、そしてスタセリタという超良血馬の血筋を受け継いでいた。G1・16冠ベイビーのソウルスターリングはまさしく無敗での競走馬人生を終えるような4戦4勝のスタートだった。

 

 

昨年末に行われた阪神JFと同じ顔ぶれが馬券内に並んでいることに気づいた人がどれくらいいるだろう?昨年末の時はレーヌミノルが3着でソウルスターリングが1着だった。その後のチューリップ賞の圧勝劇を見て、この時すでに桜の女王はほぼ決定出来だった気がする。

 

 

しかしながら年が明けレーヌミノルは2戦を消化し、1週間前追い切りもかなり抜群の動きをしていた。誰もがソウルスターリングの勝利を疑わなかったレースにも天は雨という試練を与えていた。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

今日は馬場が合わなかった。レース前はリラックスして道中もいいリズムで走っていました。でも直線では何度も手前を変えて反応も遅かった。勝った馬と一緒に行けなかった。

 

ルメール騎手が語った通り、前日から降り続いていた雨の影響で重馬場からスタートした阪神競馬場の芝コースも、メインレースでも稍重までにしか回復せずかなりタフな馬場となっていたことは確かだろう。

 

 

美浦阪神の往復が3度目だったことも影響したかもしれない。G1だからちょっとのことが大きな結果の違いになる。負けたと言っても3着だったのだから強い馬です。

 

 

ルメール騎手は続けた。そう言い訳に聞こえるかもしれないが馬は僕たちよりも確実にストレスを受けやすいだろう。そしてこれまでに走ったことがなかった稍重の馬場。これは言い訳でもなんでもなく敗因を語っている。そして3着を確保するのが精一杯だった相方に「強い馬」と賞賛を送ったルメール騎手はさすがだと思った。

 

 

3年連続して1倍の人気馬が敗れたことにも共通点はある。関東馬だということだ。それはやはり長距離輸送の難しさがレースに出ていると言っても過言ではないだろう。

 

昨年のメジャーエンブレムに続いての敗戦はルメール騎手自身もかなり深い傷を負っただろう。人気馬に騎乗することほど大変なことはないだろう。

 

 

前々から今年の牝馬はレベルが高いと言われていた。やはり蓋を開けてみれば2歳から活躍していた阪神JF組みが強い競馬をしての同じ顔ぶれ。それでもまだまだ若い3歳馬。オークスでも秋華賞でも一筋縄では行かなそうである。

 

 




スポンサーリンク

 



 ソウルスターリングの次のレースが気になるところではあるが来週は皐月賞だ。昨日書いた記事には役者が揃ってと書いたがそうではない気もしている。主役のいない皐月賞。そこにかなり斬新なスパイスとなるのがやはり牝馬のファンディーナだ。

 

 

これと言った主役が見つからない、牝馬とは打って変わって軸選びこそ大変になるのはこの皐月賞。しかし今年は牝馬のファンディーナが出走する。まだキャリア3戦ながら2着馬につけた差は合わせて15馬身以上。面白い存在である。前走のフラワーカップも2着に5馬身差をつけての圧勝劇。ファンにとっても69年ぶりの牝馬皐月賞制覇はかなり気にかかるところ。

 

 

牝馬ファンディーナ参戦により、牡馬の意地が試されるレースともなりそうだ。カデナ・ペルシアンナイト・サトノアレス・ウインブライト・スワーヴリチャード・レイデオロといった重賞覇者がどのようなレースをするのかが楽しみだ。

 

 

主役不在で迎える皐月賞になるが、やはり見てみたかったのがブレスジャーニーだ。2歳で重賞を2つ勝って2歳G1の朝日杯には目もくれず、早くからこの皐月賞を目標に調整していたが戦線離脱となったことがとても残念に思う。

 

 

とは言え何が起こってもおかしくはないという競馬の世界。昨日改めて感じた競馬の難しさ。最後の直線でソウルスターリングの脚が弾けないのとともにリスグラシューにまで差し切られたあの瞬間の会場の静けさは異様だったように思う。たくさんの期待と希望が一気に砕けた瞬間だった。それが競馬の醍醐味でもあり面白さでもある。

 

 

絶対がない

だからこそ競馬は面白い。

 

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報