帯封狙いの競馬予想 へなちょこ馬券美容師

毎週末行われる競馬の予想を行います!

桜花賞 桜の女王はレーヌミノル ソウルスターリングはなぜ負けたのか?

こんばんは!

 

 

4戦4勝で桜花賞を迎えたソウルスターリングルメール騎手。1強と歌われていたが蓋を開けてみると3着。かろうじて馬券になったことは良かったがルメール騎手はこれで2年連続断然1番人気の期待には応えられない格好となった。

 

 

5戦目で早くも破れてしまったソウルスターリングは全戦全勝の不敗で引退した父には及ばなかった。とはいえクラシックの初戦を逃しただけと考えればいい経験になったのではないだろうか?無敗の3冠牝馬の誕生をファンは心待ちにしていたがそれは叶わない格好となった。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

見事桜の女王を勝ち取ったのは8番人気のレーヌミノルだった。それは昨年の皐月賞ディーマジェスティーのように伏兵扱いだった。そして稍重馬場を気にせずゴール前でソウルスターリングを差し切っての2着は3番人気のリスグラーシュー。これで阪神JFの借りは返せたのではないだろうか?

 

チューリップ賞ではミスパンテールにも破れての3着。桜花賞での逆転劇は誰もが考えていなかったのではないだろうか?調教師も良馬場の方がいいというリスグラシューだったが最後の直線の切れ味は一級品だった気がする。

 

そして何と言っても早く先頭に立って他馬を圧倒したレーヌミノル、騎乗した池添騎手の手腕ももちろんだろう。阪神JFソウルスターリングクイーンCではアドマイヤミヤビとアエロリット、Fレビューではカラクレナイと全ての馬がこの馬よりも人気だったが全ての借りを返すかのような桜の女王を奪取。これまで安定した走りをしてきていた経験がここに出たようだ。

 

道悪を気にせずに上がり最速を出したのはディアドラ。それに続いてアエロリットとカラクレナイ。ここは負けはしたもののこれからの牝馬クラシックでも面白い存在になることは間違いない。

 

そして気になるのがアドマイヤミヤビ、百日草特別では後の重賞馬カデナを負かし、クイーンCでも圧勝。もちろん期待のかかるレースだったがまさかの12着。乗り替わりで初めてデムーロ騎手が乗ったとはいえ負けすぎな感は否めない。当日輸送も良くなかったのかもしれない。能力はあるだけに勿体ないレースだった気がしてならない。

 

 




スポンサーリンク

 



 

 

いつもならもっと前々で競馬をしていて4コーナー手前からすでに一番先頭を走っているソウルスターリング。馬場の悪さに敗因を求めたルメール騎手だった。しかしそれだけではないだろう。断然1番人気の馬は確実に他馬からプレッシャーもすごい。しかしながらそれで勝つのが本当のチャンピオンホースなのかもしれない。

 

 

競馬に絶対はないがやはりそうだった。断然1番人気、1強ムードが漂い過ぎていた。それだけではない。やはり父フランケルの姿を追い求めて負けないだろうと過剰な期待を持った部分もあったのだろう。

 

 

しかし初黒星を喫してこれからのクラシックがより楽しみになった部分もある。確実に1強ムードは絶たれ、牝馬戦国時代となりそうな予感。どの馬が勝ってもおかしくない状況。それは今日大敗したアドマイヤミヤビもそうだろう。そしてフランケル産駒のミスエルテもそうだ。

 

 

そして牝馬で注目したいのが来週の牡馬クラシック初戦の皐月賞に出走するファンディーナ、この馬が皐月賞でどのような走りを見せるかによって牝馬勢力図がかなり変わってくる。桜花賞に出ていたらもっと面白かったかもしれない。

 

 

3歳クラシック、やはり見逃せないレースが続くが楽しみで仕方ない。今週はまたJRAに貯金したが来週はしっかり引き出したいと思う。笑

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報