読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師の無駄に競馬予想 へなちょこ馬券師 帯封を狙う

毎週末行われる競馬の予想を行います!

弥生賞 ブレスジャーニー回避 皐月賞直行か!?

おはようございます!

 

 

皐月賞のトライアル報知弥生賞に登録はしてあったが出走が未定だったブレスジャーニーは出走を回避することがわかった。もともと右後脚のトモに弱さがある。これが一番の出走回避の原因だろう。そもそもブレスジャーニーはその弱点の右トモに疲れが溜まりやすい右回りのレースを避けて東京の左回りのレースしか経験したことがない。

 

左回りではしっかり弱点を隠して勝ちきるだけのレースはできるが右回りとなるとどうだろう?昨年見たときは牡馬にしてはまだ線の細さも伺えた。右トモがどこまで強くなっているか、そして馬体がどれだけ成長しているかでクラシックの優勝候補が変わってくるだろう。

 

 

とはいえ、250万で競り落とされた馬。サラブレットとしてはかなり安い。東スポ杯で1億を超える高額の良血馬を蹴散らしてのし上がってきた馬。馬体が進化していればこれからも楽しみな馬であることは間違いない。

 

 

今後はスプリングSを使って皐月賞に向かうか、調整が遅れればぶっつけ本番で皐月賞に直行する可能性もある。賞金的には昨年二つの重賞を勝っているため問題なく、馬体にもあまり無理をさせたくないのでしょう。しかしファンとしては皐月賞の前で右回りでも勝てるんだと言う強さを見ておきたい。と言うのもある。

 

 

 

 




 

とはいえチューリップ賞が2強対決と言われているのに対してこちらの弥生賞は混戦模様。これまで新馬戦から100%連対のカデナ。福永祐一騎手も落馬負傷から復帰するので楽しみだ。もちろん1番人気の候補だろう。

 

 

ダイワギャグニーも注目を集めている。新馬戦を勝って前走の出世レース、セントポーリア賞を快勝。その2着馬エトルディーニョが共同通信杯で2着に好走。となればこの馬の評価も上がるもの。一昨年、昨年と無敗でこのレースを勝ったサトノクラウンマカヒキ。もちろんこの馬も無敗Vを虎視眈々と狙っているだろう。

 

 

新馬戦を勝ったばかりといえばこのサトノマックス。里見オーナー率いるサトノ軍団。サトノダイヤモンド菊花賞で悲願のG1初制覇を成し遂げてからのサトノは強い。いきなりの牡馬クラシック候補になってもおかしくはない。

 

 

否が応でも賞金を加算してクラシックに名乗りを上げたいのがベストアプローチ。カデナが制した京都2歳Sでは最後の直線で不利を受けながらも3着と好走。その後のレースがいまいちではあるが前走のセントポーリア賞でコンビを組んだ内田騎手とともにクラシックを目指す。

 

 

僕が気になっているのはマイスタイル。先週横山ノリジョッキーにやられた感があったのでここもテン乗りだからと言って侮れない1頭。

 

 

ここまで混戦だと3連単で戦いたくないと言うのが本音だ。もちろん買うが笑

 

 

ブレスジャーニーの出走回避はかなり寂しいが、このレースを勝ってどの馬がクラシックに名乗りをあげるのか!?それを楽しみに予想したいと思います。

 

 

moritoki.hatenablog.com

 

 

moritoki.hatenablog.com