読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師の無駄に競馬予想 へなちょこ馬券師 帯封を狙う

毎週末行われる競馬の予想を行います!

桜花賞 絶対女王のソウルスターリングはなぜ負けたのか?

こんにちは!

 

 

昨日の桜花賞ではレーヌミノルが絶対女王のソウルスターリングを差し置いて勝利。見事桜の女王に君臨したのはテン乗りで好騎乗を果たした池添騎手とレーヌミノルだった。

 

 

3年連続で単勝1倍台の1番人気が勝てていない桜花賞。昨年から言えば、ルメール騎手は2連敗になる。これまで4戦4勝と他馬を圧倒して勝ってきた姿はもちろん父フランケル、そしてスタセリタという超良血馬の血筋を受け継いでいた。G1・16冠ベイビーのソウルスターリングはまさしく無敗での競走馬人生を終えるような4戦4勝のスタートだった。

 

 

昨年末に行われた阪神JFと同じ顔ぶれが馬券内に並んでいることに気づいた人がどれくらいいるだろう?昨年末の時はレーヌミノルが3着でソウルスターリングが1着だった。その後のチューリップ賞の圧勝劇を見て、この時すでに桜の女王はほぼ決定出来だった気がする。

 

 

しかしながら年が明けレーヌミノルは2戦を消化し、1週間前追い切りもかなり抜群の動きをしていた。誰もがソウルスターリングの勝利を疑わなかったレースにも天は雨という試練を与えていた。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

今日は馬場が合わなかった。レース前はリラックスして道中もいいリズムで走っていました。でも直線では何度も手前を変えて反応も遅かった。勝った馬と一緒に行けなかった。

 

ルメール騎手が語った通り、前日から降り続いていた雨の影響で重馬場からスタートした阪神競馬場の芝コースも、メインレースでも稍重までにしか回復せずかなりタフな馬場となっていたことは確かだろう。

 

 

美浦阪神の往復が3度目だったことも影響したかもしれない。G1だからちょっとのことが大きな結果の違いになる。負けたと言っても3着だったのだから強い馬です。

 

 

ルメール騎手は続けた。そう言い訳に聞こえるかもしれないが馬は僕たちよりも確実にストレスを受けやすいだろう。そしてこれまでに走ったことがなかった稍重の馬場。これは言い訳でもなんでもなく敗因を語っている。そして3着を確保するのが精一杯だった相方に「強い馬」と賞賛を送ったルメール騎手はさすがだと思った。

 

 

3年連続して1倍の人気馬が敗れたことにも共通点はある。関東馬だということだ。それはやはり長距離輸送の難しさがレースに出ていると言っても過言ではないだろう。

 

昨年のメジャーエンブレムに続いての敗戦はルメール騎手自身もかなり深い傷を負っただろう。人気馬に騎乗することほど大変なことはないだろう。

 

 

前々から今年の牝馬はレベルが高いと言われていた。やはり蓋を開けてみれば2歳から活躍していた阪神JF組みが強い競馬をしての同じ顔ぶれ。それでもまだまだ若い3歳馬。オークスでも秋華賞でも一筋縄では行かなそうである。

 

 




スポンサーリンク

 



 ソウルスターリングの次のレースが気になるところではあるが来週は皐月賞だ。昨日書いた記事には役者が揃ってと書いたがそうではない気もしている。主役のいない皐月賞。そこにかなり斬新なスパイスとなるのがやはり牝馬のファンディーナだ。

 

 

これと言った主役が見つからない、牝馬とは打って変わって軸選びこそ大変になるのはこの皐月賞。しかし今年は牝馬のファンディーナが出走する。まだキャリア3戦ながら2着馬につけた差は合わせて15馬身以上。面白い存在である。前走のフラワーカップも2着に5馬身差をつけての圧勝劇。ファンにとっても69年ぶりの牝馬皐月賞制覇はかなり気にかかるところ。

 

 

牝馬ファンディーナ参戦により、牡馬の意地が試されるレースともなりそうだ。カデナ・ペルシアンナイト・サトノアレス・ウインブライト・スワーヴリチャード・レイデオロといった重賞覇者がどのようなレースをするのかが楽しみだ。

 

 

主役不在で迎える皐月賞になるが、やはり見てみたかったのがブレスジャーニーだ。2歳で重賞を2つ勝って2歳G1の朝日杯には目もくれず、早くからこの皐月賞を目標に調整していたが戦線離脱となったことがとても残念に思う。

 

 

とは言え何が起こってもおかしくはないという競馬の世界。昨日改めて感じた競馬の難しさ。最後の直線でソウルスターリングの脚が弾けないのとともにリスグラシューにまで差し切られたあの瞬間の会場の静けさは異様だったように思う。たくさんの期待と希望が一気に砕けた瞬間だった。それが競馬の醍醐味でもあり面白さでもある。

 

 

絶対がない

だからこそ競馬は面白い。

 

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

皐月賞 荒れた桜花賞 カデナをどう見るか!?

こんばんは!

 

f:id:moritoki0829:20170410005543p:plain

 

今日の桜花賞、堅い決着だと思っていたのが蓋を開けてみれば3連単万馬券と中波乱。金額だけみれば中波乱ですが、断然1番人気のソウルスターリングが3着と初黒星。稍重の馬場が影響したといえば仕方ないかもしれませんが、それを苦にせず走ってくれることを期待していました。やはり競馬に絶対はないのだと思い知らされた感じがします。

 

 

さて、来週は牡馬クラシック初戦皐月賞になります。昨年は今日のレーヌミノルのように伏兵馬だったディーマジェスティが勝利。今年はどの馬がクラシック初戦を取るのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 




 

注目馬はこちら!

 

 

カデナ

京都2歳S G3、報知弥生賞G2、と重賞を連勝して臨む牡馬クラシック初戦の皐月賞。同じ中山競馬場で行われた弥生賞を圧勝、距離適性、中山適性もありそうで、もちろん主役の1頭になりそう。福永騎手がクラシックはカデナでと名言しているくらいの素質馬。今日大敗を喫したアドマイヤミヤビには一度先着を許している。それがオッズにどう影響が出るのでしょうか?

 

 

レイデオロ

昨年のホープフルS以来の出走で皐月賞を選んできた。新馬戦から3連勝で前走のホープフルSを勝利し間隔の空いた今回のレース。 素質は世代屈指、中山2000mで2勝しているのをみれば適性は十分。あとは相手が強くなった時にどのような競馬になるかが見ものだ。

 

 

ペルシアンナイト

これまで5戦走って全て1番人気の素質馬、馬券を外さない安定した走りには定評があり、前走のアーリントンCでも3馬身差の圧勝を演じた。しかしこれまで2000mを走ったことがなく距離適性には疑問が残る。2000mもこなせるとなるとかなりの脅威になることは間違いない。

 

 

ウインブライト

スプリングSを5番人気の伏兵馬ながら勝利。初勝利までに時間はかかったものの初勝利から前走まで全て連対、そして上がりも全て最速もしくは2位と素晴らしい末脚の持ち主。ひいらぎ賞で負けたアウトライアーズを退けての勝利も高評価。皐月賞で瞬く間に世代トップに躍り出られるだろうか?

 

 

アウトライアーズ

前走のスプリングSでは2着と苦杯を舐める結果となった。前々走では下したウインブライトの末脚に屈したものの能力は上位。中山では連対を外しておらず適性はもちろん。ここで巻き返すことができるだろうか?

 

 

 




スポンサーリンク

 



 

サトノアレス

藤沢厩舎は重賞100勝がお預けになったことでレイデオロと2頭だしのここに期待がかかる。ソウルスターリングとともに2歳王者に輝いたサトノアレス。休み明けのスプリングSでは1番人気を裏切っての馬券にもならなかった。しかし陣営はそこまで悲観していない。皐月賞を目指してのレースだったので叩いて上積みが見込めるでしょう。

 

 

アメリカズカップ

前走のきさらぎ賞では断然1番人気に推されたサトノアーサーを跳ね除けての勝利。あの重馬場での目の覚めるような末脚では素晴らしい。道悪馬場でも苦にしない走りは心強さがある。距離が伸びた時にどのような走りができるかが鍵になるだろう。

 

 

アルアイン

こちらも前走の毎日杯で断然1番人気のサトノアーサーを下しての勝利。重馬場では切れ味が半減するが良馬場になると強い。距離延長がどうなるかというところだろう。

 

 

スワーヴリチャード

前走の共同通信杯では実力馬が揃った中での勝利。近年共同通信杯からの臨戦馬が皐月賞ではかなり好成績を残している。昨年のディーマジェスティに続くことができるか!?これまで4戦して連対を外さないかなり安定した走り。ここでどのような走りを見せてくれるだろうか!?

 

 

ダンビュライト

新馬戦のみの勝利しかないものの実力は上位。重賞でも朝日杯FS以外は全て馬券に絡んでおりどんな馬場でも安定して走れる強みがある。今日のレーヌミノルのようにここで一変してもおかしくはない。

 

 

コマノインパルス

京成杯G3では人気に応えての勝利。前走の弥生賞では最後の直線で伸びることができず6着。これまで2000mを使われてきたコマノインパルス、乗り替わりで江田照騎手が乗るのが少し不気味。

 

 

ファンディーナ

キャリアは3戦ながらかなりの衝撃を与えた勝利ばかり。牝馬なので他の牡馬に比べ2キロマイナスになるのもプラスでしょう。距離が伸びるのも問題はないでしょう。ここで69年ぶりの快挙なるか?

 

 

とここまで見てきましたが役者多すぎて困ります。まぁ桜花賞見たくソウルスターリング一本に絞る馬券じゃなくなるのでそれはそれで面白い。今年の皐月賞はどんな波乱が待ち受けているのか!?!?

 

 

 

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

桜花賞 桜の女王はレーヌミノル ソウルスターリングはなぜ負けたのか?

こんばんは!

 

 

4戦4勝で桜花賞を迎えたソウルスターリングルメール騎手。1強と歌われていたが蓋を開けてみると3着。かろうじて馬券になったことは良かったがルメール騎手はこれで2年連続断然1番人気の期待には応えられない格好となった。

 

 

5戦目で早くも破れてしまったソウルスターリングは全戦全勝の不敗で引退した父には及ばなかった。とはいえクラシックの初戦を逃しただけと考えればいい経験になったのではないだろうか?無敗の3冠牝馬の誕生をファンは心待ちにしていたがそれは叶わない格好となった。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

見事桜の女王を勝ち取ったのは8番人気のレーヌミノルだった。それは昨年の皐月賞ディーマジェスティーのように伏兵扱いだった。そして稍重馬場を気にせずゴール前でソウルスターリングを差し切っての2着は3番人気のリスグラーシュー。これで阪神JFの借りは返せたのではないだろうか?

 

チューリップ賞ではミスパンテールにも破れての3着。桜花賞での逆転劇は誰もが考えていなかったのではないだろうか?調教師も良馬場の方がいいというリスグラシューだったが最後の直線の切れ味は一級品だった気がする。

 

そして何と言っても早く先頭に立って他馬を圧倒したレーヌミノル、騎乗した池添騎手の手腕ももちろんだろう。阪神JFソウルスターリングクイーンCではアドマイヤミヤビとアエロリット、Fレビューではカラクレナイと全ての馬がこの馬よりも人気だったが全ての借りを返すかのような桜の女王を奪取。これまで安定した走りをしてきていた経験がここに出たようだ。

 

道悪を気にせずに上がり最速を出したのはディアドラ。それに続いてアエロリットとカラクレナイ。ここは負けはしたもののこれからの牝馬クラシックでも面白い存在になることは間違いない。

 

そして気になるのがアドマイヤミヤビ、百日草特別では後の重賞馬カデナを負かし、クイーンCでも圧勝。もちろん期待のかかるレースだったがまさかの12着。乗り替わりで初めてデムーロ騎手が乗ったとはいえ負けすぎな感は否めない。当日輸送も良くなかったのかもしれない。能力はあるだけに勿体ないレースだった気がしてならない。

 

 




スポンサーリンク

 



 

 

いつもならもっと前々で競馬をしていて4コーナー手前からすでに一番先頭を走っているソウルスターリング。馬場の悪さに敗因を求めたルメール騎手だった。しかしそれだけではないだろう。断然1番人気の馬は確実に他馬からプレッシャーもすごい。しかしながらそれで勝つのが本当のチャンピオンホースなのかもしれない。

 

 

競馬に絶対はないがやはりそうだった。断然1番人気、1強ムードが漂い過ぎていた。それだけではない。やはり父フランケルの姿を追い求めて負けないだろうと過剰な期待を持った部分もあったのだろう。

 

 

しかし初黒星を喫してこれからのクラシックがより楽しみになった部分もある。確実に1強ムードは絶たれ、牝馬戦国時代となりそうな予感。どの馬が勝ってもおかしくない状況。それは今日大敗したアドマイヤミヤビもそうだろう。そしてフランケル産駒のミスエルテもそうだ。

 

 

そして牝馬で注目したいのが来週の牡馬クラシック初戦の皐月賞に出走するファンディーナ、この馬が皐月賞でどのような走りを見せるかによって牝馬勢力図がかなり変わってくる。桜花賞に出ていたらもっと面白かったかもしれない。

 

 

3歳クラシック、やはり見逃せないレースが続くが楽しみで仕方ない。今週はまたJRAに貯金したが来週はしっかり引き出したいと思う。笑

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

桜花賞 予想 ソウルスターリング 穴馬は。。。

こんばんは!

 

 

今日のニュージーランドトロフィー、見事に荒れましたね。無印ジョーストリクトリが抜け出し重賞初勝利。2着には逃げ粘った無印メイソンジュニア、3着にはハナ差でボンセウヴィーソが入線。

 

 

12番人気のジョーストリクトリが勝利で3連単が49万馬券と素晴らしい荒れ方。なんとも買えない馬券ですwこれをなんとか買いたいんですけどねw

 

 

まぁ今日は前哨戦みたいなものなので仕方ないですね。明日の桜花賞、すでに明言した◎ソウルスターリングの相手を探すことに専念したいと思っております。前日のオッズで単勝1番人気で1.1倍。ディープインパクトか!ってツッコミたくなるほどですねw

 

 

スポンサーリンク

 




 

 雨が降ればわからない。そんなことはないでしょう。雨が降ってもソウルスターリングの勝ちを確信して1着固定で考えたいと思っております。競馬に絶対はないですが、ソウルスターリングが負けた場合は仕方ない。そう思って馬券を買いたいと思います。

 

 

では僕の相手はこちら。

 

◯アドマイヤミヤビ

4戦して先着を許したのは今日1番人気に押されて負けたクライムメジャー。これまで牝馬には先着を許してないもののソウルスターリングの存在で2強とまでは言われない。しかしながら牡馬のカデナ、アウトライアーズを破ったあたりはかなりの素質馬。ルメール騎手、デムーロ騎手のワンツーが見られることでしょう。

 

 

 

そして3着候補探し。ここは広めに流したいと思っています。

 

1枠1番 ミスエルテ

1枠2番 ライジングリーズン

3枠6番 リスグラシュー

4枠8番 カラクレナイ

5枠9番 ゴールドケープ

5枠10番 レーヌミノル

6枠12番 アエロリット

8枠16番 ミスパンテール

8枠17番 ディアドラ

8枠18番 カワキタエンカ

 

 

選びすぎって思いました?笑 自分でもそう思いますが1着2着固定で流すので一つ1000円かけても1万円にしかならないのでそん感じで戦おうかと笑

 

 




スポンサーリンク

 



 1枠1番ミスエルテ

ソウルスターリングと同じフランケル産駒。朝日杯FS以来のレースでメンタル面が安定していない馬。テンションが高くなくこの馬の走りができればもしかすると一発があってもおかしくないのはこの馬。しかしながらメンタルでも安定してきているソウルスターリングに先着する姿は見えないので3着候補。

 

1枠2番ライジングリーズン

フェアリーSアネモネSを連勝しての桜花賞。もちろん評価できる内容で勝利を収めてきたがソウルスターリングに敵うかと聞かれれば一蹴してしまう。

 

3枠6番リスグラシュー

阪神JFの時は出遅れがなければと言われていたもののチューリップ賞では3着と完敗。ここで逆転できる差ではなかったきがする。

 

4枠8番カラクレナイ

未勝利からFレビューまで3連勝で重賞を制覇。これまで1400mしか走ってこなかったので1600mとなるとどうなるかはわからない。乗り替わりで田辺騎手はどうだろうか?

 

5枠9番ゴールドケープ

重馬場経験のあるこの馬を穴馬候補として入れておきたい。雨の予報が出ている阪神競馬場で重馬場を苦にせず走れたら馬券になることができるかもしれない。

 

5枠10番レーヌミノル

掲示板を外さない安定感はあるものの何か物足りない。阪神JFではソウルスターリングに負け、クイーンCではアドマイヤミヤビにも破れていて実力はこの下。

 

6枠12番アエロリット

一番気になっているのがこの馬。上昇気配のあるアエロリットは2着と惜しい競馬が3回続いている。ここでアドマイヤミヤビを破って2着に入ることも可能なのではないだろうか?

 

8枠16番ミスパンテール

前走上がり最速を出したものの2馬身差と遠くにいたソウルスターリングを見ているこの馬も気になっている。昨年のジュエラー、シンハライトのような叩き合いは見られないだろうがチューリップ賞組みでワンツーを飾る場面もなんとなく見える気がする。

 

8枠17番ディアドラ

重馬場、稍重馬場の巧者ではないだろうか?ということで入れておきたい。

 

8枠18番カワキタエンカ

サロニカ出走取り消しのため、唯一のディープ産駒となったカワキタエンカ。なんか気になるんです。ということで3着候補として。

 

 

まぁこうなれば予想なのか?と聞かれるとわかりません。ただ3着が荒れやすい桜花賞。過去10年で5番人気以下の馬が8頭3着に好走している。中には14番人気や11番人気といった二桁人気の馬もここに来ているため無視はできない。

 

 

14→15→1,2,6,8,9,10,12,16,17,18

 

こんな感じで戦いたいですね。

そして

 

14→2,8,12,16→1,6,15

 

ソウルスターリングが負ければその時点で僕の馬券はさよならしますw

 

ということで皆さん明日は牝馬クラシック第1戦楽しみましょう!

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

ニュージーランドトロフィー 予想 大荒れの予感!?

こんばんは!

 

 

今週末は桜花賞。そちらがメインになってきますが、明日は阪神牝馬ステークスニュージーランドトロフィー。クラシック初戦桜花賞のせいで影に隠れていますがどちらもG2、阪神牝馬ステークスには至ってはG1・3勝馬のメイショウマンボが引退レースを迎えます。

 

 

しかしながら僕はニュージーランドトロフィーの予想にいきたいと思います!昨年は2着に14番人気、3着に12番人気がきたことにより3連単が100万馬券を超えました。過去には11→16→8番人気で決着してもう少しで500万馬券になろうかと言う年もありました。

 

 

さて今年はどんなレースになるのでしょうか!?

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

僕の馬印はこちらになります。

 

 

◎タイムトリップ

◯ボンセルヴィーソ

▲タイセイスターリー

△クライムメジャー

△ナイトバナレット

☆スズカメジャー

穴スズカゼ

 

 

このような感じですね!

 

 

 




スポンサーリンク

 



 

◎タイムトリップ

昨年1番人気で迎えたこのレースで馬券にならなかった田辺騎手を鞍上に迎えた。タイムトリップ自体も田辺騎手が騎乗した時のみ馬券になっていない。しかし今年の田辺騎手は何かが違う。そして中山適性もあるタイムトリップならば一発狙えるレースでしょう。

 

 

◯ボンセルヴィーソ

朝日杯での好騎乗。ファルコンSでは2着と好走。前々で競馬ができる強みがあるため中山競馬場でも大丈夫でしょう。朝日杯3着の意地を見せて欲しいですね!

 

 

▲タイセイスターリー

シンザン記念ではアーリントンカップを解消したペルシアンナイトに先着している素質は十分。乗り替わりも問題ないでしょう。初めての中山競馬場ですが、しっかり前で競馬ができれば大丈夫でしょう。

 

 

△クライムメジャー

これまで馬券を外していない安心感はあるものの、乗り替わりで川田騎手。1番人気の川田騎手は今年は信用していません笑 と言うことでここ。まぁ馬券は外していないものの前走でやっと500万下を勝利。軸としての信用感はないかと。

 

 

△ナイトバナレット

前走の大敗は気になるものの、中山の1600mは適性がありそう。ひいらぎ賞で負けた相手2頭はスプリングSで1、2着しており地力は十分。前走の大敗をここで巻き返したいところだ。

 

 

☆スズカメジャー

きさらぎ賞で裏切られたためなんとも買いづらいが、今年調子の良くなってきた岩田騎手を鞍上に迎え前走でも素晴らしい末脚で勝利。直線の短い中山でどうかと言うところで☆マーク。取捨に困っています笑

 

 

穴スズカゼ

こちらも中山適性は抜群。この馬もしっかり前で競馬ができれば前残りの可能性を信じて。

 

 

と言う感じです。

まぁ買うかはわかりませんが、今回は3連複あたりで攻めたいと思います!

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

桜花賞 2歳女王ソウルスターリングに死角はないのか!? 過去10年のデータは!?

こんばんは!

 

 

プロ野球も開幕して日本ハムファイターズの大谷が大活躍。巨人も阿部の活躍で昨年同様開幕3連勝。春の甲子園が終了しても日本では野球人気がすごいですね。

 

 

さて、先週の大阪杯、初代王者に輝いたのは武豊騎手騎乗のキタサンブラック。逃げるマルターズアポジーを早めにかわして先頭に立てば、うまい立ち回りをして詰め寄るステファノスをあざ笑うかのような競馬。貫禄ある勝利で天皇賞・春の連覇も見えてきましたね。

 

 

来週は牝馬クラシック初戦の阪神競馬場で行われる桜花賞。ちょうど桜も満開になる

頃の桜花賞ソウルスターリングで間違い無いのでしょうか!?

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

それでは死角となりそうな馬たちを見ていきたいと思います!

 

 

アドマイヤミヤビ

前走のクイーンカップでは1番人気に応え勝利、その前の百日草特別ではその後弥生賞を勝ったカデナ、スプリングSで2着に入ったアウトライアーズといった牡馬を蹴散らしての勝利。ソウルスターリングとの直接対決でどちらがクラシック初戦をものにするのか!?

 

 

リスグラシュー

阪神JFではソウルスターリングに次ぐ2着。リベンジを果たしたかったチューリップ賞ではまさかの3着。格の違いを見せつけられた形になったがまだまだ成長段階。また同じ舞台でしっかりリベンジを果たしたいところだ。

 

 

ミスエルテ

2歳女王はソウルスターリングに譲ったがこちらもフランケル産駒の一頭。朝日杯では4着と馬券には絡めなかったが、休み明け3歳初戦となるのがこの舞台となるがフランケル産に勝つのはフランケル産になるのか?

 

 

ミスパンテール

まだキャリア2戦と浅いキャリアながら前走ではリスグラシューを負かし勝ち馬ソウルスターリングの2着。上がり最速をだし4コーナー最後方から2着まで追い上げた。追込み馬が度々馬券に絡む桜花賞。ここで新たなヒロイン候補の誕生か!?

 

 

カラクレナイ

3連勝で挑む桜花賞。前走でレーヌミノルを破ってフィーリーズレビューを調子の良かったデムーロ騎手で制覇。初めてのマイル戦と初騎乗となる田辺騎手で桜花賞を取りに来るか!?

 

 

アエロリット

前走のクイーンカップでは勝ち馬アドマイヤミヤビに2分の1馬身差まで迫った。また3着馬フローレスマジックには2馬身差をつけての2着。マイル戦3戦続けて2着が続いているがここで1着を目指したい。

 

 

レーヌミノル

小倉2歳S1着、京王杯2歳S2着、阪神JF3着、クイーンC4着、フィーリーズR2着とマイルまでの距離は安定した走りを見せているレーヌミノル。ここで安定した走りで勝ちまで持っていきたいところだ。

 

 

ライジングリーズン

アルテミスSで大敗を喫したが、10番人気で迎えたフェアリーSをアエロリットを下して1着。その後アネモネSも勝利。中山でのマイル適性を示しているが阪神競馬場ではどうだろうか!?

 

 




スポンサーリンク

 



 

はいこんなにも相手候補に悩む桜花賞。しかし本命を本当にソウルスターリングにして良いのでしょうか?僕の中では確実に外すことはできないとも思っていますが過去10年間で無敗で桜花賞に臨んで勝った馬はいないというデータもある。無敗のフランケル産駒が勝てるか、データが勝ってしまうか。。。

 

 

今年の牝馬路線はかなりのハイレベルと言われているだけにどの馬が馬券になっても驚くことができないほどだ。新たなヒロイン、ファンディーナとの直接対決も楽しみだったがファンディーナは皐月賞に向かう予定だ。結果次第ではダービーも視野にということだからいつ直接対決が見られるのかかなり気になるところだがまずは牝馬クラシック初戦。

 

 

過去10年では1番人気、2番人気共に4勝ずつ。6番人気以下は2着1頭、3着2頭とかなり人気サイドでの決着が多い。しかし昨年は断然人気に押されたメジャーエンブレムがまさかの4着。シンハライトとジュエラーのハナ差のレースが素晴らしかった。

 

 

前走のレース別成績で言えばチューリップ賞組が8勝2着4回3着5回と断然に強い結果を出している。またクイーンカップからは勝ち馬こそ出ていないものの2着3回、3着1回とまずまず。またキャリアでいうと4戦が最多5勝をあげているほか、3戦と5戦が2勝ずつ。そのほかは割り引いて考えても良いかもしれない。

 

 

さてここまで見てきてもソウルスターリングに嫌なデータは過去10年、無敗で勝った馬がいないということくらいだろうか?過去10年で8勝をあげているチューリップ賞組、最多5勝をあげているキャリア4線。1番人気は4勝。とかなり揃っている。

 

 

これでも他の馬に本命をつける人は僕は信じられない笑

馬券的には面白くならないかもしれないがソウルスターリングに僕は夢を託したいと思う。

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

大阪杯 予想 キタサンブラック 穴馬は!?

こんばんは!

 

 

今日の選抜高校野球大会で史上初の大阪対決。大阪桐蔭履正社の戦い。夏にはどちらか一校しか出ることができないのが勿体無いレベルの高さを示しました。

 

 

勝ったのは大阪桐蔭。素晴らしい攻撃で8回裏に同点にされたのを9回表で勝ち越し、最後はゲッツーで試合終了。夏が本当に楽しみですね。

 

 

 さて大阪といえば、明日は待ちに待った大阪杯。豪華メンバーで初代王者を決める新設されたG1、とっても面白いメンツが揃いました!

 

 

荒れるはずのダービー卿はロジチャリスが勝ち、2着3着に1番人気、2番人気と中波乱とまでもいかなかったレースでしたが、大阪杯はどうなるのでしょうか?

 

 

来週には牝馬クラシック1戦目の桜花賞が行われますのでその為に今年度一発目を勝ってクラシックに臨みたいと思っております!

 

 

では早速予想に行きたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

サトノクラウン

キタサンブラック

▲ミッキーロケット

ヤマカツエース

△アンビシャス

マルターズアポジー

 

 

このような感じでしょうか?

 

 

サトノクラウン

前走の京都記念を見ていても頭ひとつ抜けた存在になった気がする。完成期に入ったというサトノクラウン、海外G1馬が3番人気というのもなんとも難しい話だが新設G1をさらっと勝ってもおかしくない実力だと思う。

 

 

キタサンブラック

昨年の年度代表馬は1年間通して強い相手に崩れたことがないのはかなり評価できるところだろう。しかしサトノクラウンなどが1レース使われているのに対して休み明けということで相手候補として。

 

 

 




スポンサーリンク

 



▲ミッキーロケット

京都記念では上がり最速を出しながらも勝ち馬サトノクラウンに0,3差、位置どり次第では一発があってもおかしくない馬なのは言うまでもない。4歳世代が活躍している中ここで活躍しないわけにはいかない。

 

 

ヤマカツエース

金鯱賞を連覇して間隔の詰まったレースに向かうヤマカツエース、相手は格段に強くなるが有馬記念でも4着しており強い相手でも戦えることを証明。ここでもいいレースをしてくれるはずだ。

 

 

△アンビシャス

昨年のこの舞台でキタサンブラックを破っての勝利、前走では1番人気を裏切って4着となったもののそこまで負けてはいない。1走した上積みを考量してここは走ってくれそうだ。

 

 

マルターズアポジー

前走の小倉大賞典では逃げ切り勝ち。最後のコーナーから押し切っての勝利。強さを感じる内容。ここは相手が強くなるものの自分の競馬ができれば馬券に残れるような気がしている。有馬記念での逃げもよかったし。

 

 

さてこんな感じで勝負したいと思います。昨年のダービー馬マカヒキを切っての予想。これが吉と出るか凶と出るか。。。

 

皆さんも明日新設G1を勝って今年度頑張りましょう!