読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師の競馬ブログ

毎週末行われる競馬の予想を行います!

天皇賞・春に向けて マイラーズカップ結果

こんにちは!

 

 

昨日はマークミスで取り損ねた馬券を今日は馬券ミスではなく予想に入れてない馬で馬券をとったへなちょこ馬券師です笑

 

f:id:moritoki0829:20170423174542p:plain

 

ありがとうヤングマンパワー。昨日の恩返しをしてくれたと思っています笑

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

とはいえ、予想に入れていたわけではないし、数合わせで買ったようなもの。本当に棚から牡丹餅。あざます。

 

 

フローラSには目もくれずマイラーズCエアスピネルイスラボニータで勝負してよかった。結果論ですが、一番大事なのは結果。笑

 

 

ということで来週は天皇賞・春。こちらも堅い決着のような気がしてなりません。サトノダイヤモンドキタサンブラック大阪杯でのあの危なげないキタサンブラックの勝ち方といい、阪神大賞典でのサトノダイヤモンドの勝ち方を見ても何も問題はないと思われる。

 

 

結果やっぱ堅かったねーで終わる気がしているので今回は固めに。馬単とかで全部突っ込んでも面白いかも笑

 

 

 

読売マイラーズカップ予想 福島牝馬S結果

こんばんは!

 

 

福島牝馬ステークス、今年はほぼ荒れない結果となってしまいました。僕の予想は素晴らしいと思える自画自賛しても良い結果となりました。◯ウキヨノカゼが直線一気で素晴らしい勝利。2着には◎フロンテアクイーン、3着には△クイーンズミラーグロ。4着に▲デンコウアンジュ。なんとも良い予想でしたね。

 

 

しかし何をミスしたか僕の馬券には払い戻しがありませんでした。まさかのマークミス。◎フロンテアクイーンからの1頭軸3連複流しに◯ウキヨノカゼの6番が見当たらないではないか!!!???

 

 

なぜ、なぜ、僕は負けたのか?ミスで馬券を取れなかった悔しさを明日にぶつけたいと思います笑

 

 

スポンサーリンク

 




 

それでは明日の読売マイラーズカップ。11頭と小頭数になりましたが今年のマイル路線を賑わせてくれるメンバーが揃いましたね。

 

 

2012年に開催時期が1週繰り下げられ、場所も京都競馬場に移動。その過去5年のデータを見ながら予想していきたいと思います。

 

 

過去5年で単勝1番人気、2番人気の勝利はなく、3番人気が3勝している。過去5年の3着以内馬の15頭のうち1〜3番人気が7頭、5〜8番人気が7頭と伏兵馬にも注意が必要だ。また昨年は11番人気が3着に食い込んできており二桁人気も侮れない存在となる。

 

 

エアスピネルイスラボニータ、ブラックスピネル、フィエロなど面白い存在がたくさん。しっかり予想を立てていきたいと思います。

 

 




スポンサーリンク

 


はい、僕の馬印はこちら

 

エアスピネル

イスラボニータ

フィエロ

△ブラックスピネル

△プロディガルサン

穴ダッシングブレイズ

 

 

エアスピネル

前走の超スローペースでの1戦は度外視して考えるとして、重賞を2戦2勝している京都1600mというのはホームみたいなもの。またほぼ倍くらいの3000mの菊花賞でも3着しているところを見れば京都競馬場との相性の良さは抜群だろう。鞍上は武豊騎手、もちろん勝ちにくる競馬をしてくるだろう。マイナス要素の少ないこの馬を軸に考えたい。

 

 

イスラボニータ

重賞を3戦連続2着とシルバーコレクター化してきたイスラボニータだが、3戦全て勝ち馬とほぼ差のない競馬を演じている。実力上位で地力のあるこの馬ならここで勝ち負けするくらいの力があるのは当たり前。鞍上にルメール騎手を迎え4戦連続2着というわけには行くまい。

 

 

フィエロ

怖いのはこの馬。8歳ながら初めての1200mの高松宮記念で5着しており、主戦の距離に戻るのはプラス。こんなにも名前が知れ渡っていて重賞勝利がないのは運が見放しているだろうか?ここでひとっ走りしそうな予感。

 

 

△ブラックスピネル

前走の東京新聞杯では超スローペースを作り出した張本人。ハナに行ってそこから逃げ切り勝ち。ハイスピードの決着が多い京都競馬場ではそうはいかないだろうが、前走も最後は流していた。ここで本来の力が試されるだろう。

 

 

△プロディガルサン

前走は7着と敗れるものの、着順ほど負けてはいない。また東京新聞杯ではクビ差敗れたものの上がり最速32,0を出しての2着。着実に力のついてきているこの馬を外すわけにはいかない気がしている。

 

 

穴ダッシングブレイズ

前走の洛陽Sで1着しており京都競馬場との相性もまずまず。勝ち負けまではできないかもしれないが連下穴馬として。。。

 

 

まぁなんとも上位馬を揃えてしまったから面白くない予想となってしまったがこのレースはそこまで荒れることはないだろう。エアスピネルイスラボニータ共に凡走は考えづらい。となれば2頭軸の3連単マルチでも購入しようか迷うところだ。

 

 

クイーンズミラーグロが3着に敗れたのも、前走のエアスピネルと少し重なる部分があるが同じようなレースにはならないだろう。ということで素直にエアスピネルを信用したい。

 

 

ではみなさん!明日を良い日にしましょう!!!!

 

 

 


競馬ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

福島牝馬ステークス 予想 大荒れを演出する穴馬は!?

こんにちは!

 

 

今週末はG1のお休みウィーク。しかしながら福島牝馬SG3、フローラSG2、読売マイラーズカップG2と重賞3つは結構お腹いっぱいになりますね。来週は天皇賞・春になるので箸休めしておきたいところですがここでもひと勝負しましょう。

 

 

さて福島牝馬ステークスといえば昨年は15番人気のマコトブリシャールが好走、3着にも13番人気のオツウが激走して3連単が73万5970円とかなりの高配当。こういう馬券を取ってみたいですよね笑

 

 

しかし去年だけではなく一昨年は3→9→13番人気の決着で3連単59万9360円。3年前は5→2→16番人気の決着で23万8230円。また4年連続で3着に二桁人気の馬が入っており、二桁人気だからと言って侮れません。ここ数年荒れる面白いレースになっていますね!

 

 

スポンサーリンク

 




 

 さて今回のこのレース、どの馬が大荒れ馬券を演出してくれるのでしょうか!?過去10年でみると1、3、5、7番人気が2勝ずつ上げており、13番人気が3着に3回もきている。これは見逃すことができないデータになるのではないでしょうか?

 

 

また枠番でみると3枠が2勝、4枠が5勝とそれ以外は1、2、7枠が1勝ずつ。4枠の圧倒的強さを感じます。また馬番で見れば6番が3勝、8番が4勝とこの数字も気がかりにはなるところです。

 

 

前走成績別にみると取り消しのあったスイートサルサを加えて中山牝馬S組が7勝、愛知杯が2勝となっている。過去10年の馬券に絡んだ30頭中16頭がこの中山牝馬ステークスからの参戦だった。その前走の中山牝馬Sで二桁人気で掲示板に載った馬が3勝をしているなど、中山牝馬Sの人気薄で好走した馬には気をつけたい。また愛知杯組の2勝はいずれも前走は二桁着順に敗れてここで勝利している。しかし今年は愛知杯からの参戦馬はいないので中山牝馬S組をしっかりと見極めた方が良いだろう。

 

 

年齢別にみると4歳馬が4勝、5歳馬も4勝と若い馬が優勢のようだ。しかし6、7歳馬も1勝ずつしており、昨年のマコトブリシャールのように激走があるかもしれない。今年も6歳馬3頭、7歳馬が2頭参戦するがこちらも簡単には侮れないだろう。

 

 

というデータをもとに僕が絞り出した馬印はこちら!!!

 

 

 

 




スポンサーリンク

 



 

◎フロンテアクイーン

ウキヨノカゼ

デンコウアンジュ

△クロコスミア

△クイーンズミラーグロ

穴ハピネスダンサー

 

このような感じになりました。

 

 

◎フロンテアクイーンは4枠8番から、なんとなく演技良さそうなのでここを選んでみようかと。◯ウキヨノカゼは前走上がり最速を出しての6着。ほぼ最後方からの競馬だったが3コーナー終盤からしっかり終えれば前に届くのではないかと思う。

 

デンコウアンジュは前走休み明けにもかかわらず7着、クビ差前にいたトーセンビクトリー中山牝馬Sを制覇している。ここで一変しての好走はもちろん考えられるだろう。

 

△クロコスミアはしっかりハナを奪いに行くだろう。平均ペースで逃げることができれば前残りも可能。早くなり過ぎれば外差しに注意。△クイーンズミラーグロ、連続して重賞3着と着実に力が付いている模様。昨年の同舞台では5着となっているが天才の手腕によって覚醒する可能性あり。

 

穴ハピネスダンサーは二桁着順が続いているもののここからの好走を期待したい。昨年のここは2番人気に押されたが6着と敗れている。ここで巻き返しを図りたいところ。

 

 

土曜日勝って、日曜日につなげたいところです。今週末はしっかり稼ぎたいですね!!!

 

 


競馬ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

レーヌミノルはオークスへ! アルアイン皐月賞制覇で見えた3歳世代

こんにちは!

 

 

牡馬クラシック初戦皐月賞毎日杯を勝利したアルアインペルシアンナイトを抑えての勝利。トライアルを勝ってきたカデナやスワーヴリチャードなどは掲示板に入ることもできなかった。

 

 

69年ぶりの快挙を目指して1番人気に押されたファンディーナは4コーナーで一旦先頭に立つがそこから失速して7着に敗れた。これが牝馬と牡馬の差なのかと思うようなレース。

 

 

高速馬場での決着。中山コースでのコースレコードでのゴールは、昨年のディーマジェスティ皐月賞レコードを0,1秒上回るタイム、今年の牡馬は弱いと言われていたが、弱いどころか昨年を上回る牡馬が出てきてもおかしくはない。

 

 

スポンサーリンク

 




 

ここで力関係がはっきりした牡馬3歳世代。過去最多の重賞ウィナー11頭が参加した皐月賞だったが、結局は重賞を勝ってトライアルをパスした重賞覇者が多かっただけ。

 

重賞覇者組がトライアルに使われればもっと読み安い皐月賞になっただろう。多くの重賞ウィナーがいたからこその大荒れ皐月賞3連単100万馬券を超えたことになる。

 

 

しかしここである程度の力関係ははっきりしたのではないだろうか?2000mまでの力量ではあるが、アルアインペルシアンナイト、ダンビュライト、そして4着に好走したクリンチャー、レイデオロ。

 

 

ダービーはしっかりと人気してくるであろう5頭になる。レイデオロに関しては最初から大目標に掲げていたダービーなだけに1レース叩いての上積みが確実に見込めるだろう。

 

 

そしてペルシアンナイトが次走どこを選ぶのかも楽しみだが、ダンビュライトはダービーを目標にするだろう。昨日1番人気のファンディーナを追い込んだのは確実に武豊騎乗のこのダンビュライトだった。前走のきさらぎ賞でも重馬場を気にせず3着。ダービーも馬場が湿れば面白い存在になることは間違いない。13番人気で好走したクリンチャーは2200mでの勝ち鞍もありダービー狙いだろう。

 

 

負けたが敗因がわかるスワーヴリチャードも左回りになる東京2400mで巻き返しを図りたい。そしてカデナも高速馬場に対応できなかったとはいえ、2400mのダービーでの再戦が楽しみだ。

 

 

さて、それでは牝馬はどうだろうか?ファンディーナは敗れたとはいえ次の目標をダービーからオークスに変えるだろうか?そこは見ものではあるものの距離が伸びても大丈夫そうなファンディーナを考えればこのままダービー挑戦も考えられる。

 

 

 




スポンサーリンク

 


そして、桜の女王に輝いたレーヌミノルNHKマイルカップではなくオークスに向かうことが決定。まずは2冠を目指してのレースになる。

 

 

1強と謳われていたソウルスターリングがどちらに行くかは未定だができればオークスでまた見たいというのがファンの願いだろう。そして願わくばファンディーナとの激突も見てみたい。

 

 

ファンディーナがトップレベルの3歳牝馬の中でどのようなレースができるのかも楽しみではある。ダービー挑戦よりはここを狙って欲しいと個人的には考える。

 

 

重賞を確実に馬券内でくるリスグラシューがまたしても安定した走りを見せるか、桜花賞は着外だったが距離が伸びて巻き返しを図りたいアドマイヤミヤビにキャリア浅が露呈した非凡な才能ミスパンテール、掲示板を確保したカラクレナイ、アエロリットにも注目が集まる。

 

 

今年のクラシックはどの馬が勝ってもおかしくない。これこそ競馬の醍醐味だろう。

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

皐月賞 アルアインG1初制覇 106万馬券

こんにちは!

 

ヘナチョコ馬券師です!笑

しかし今日のは取れなかったなーw18頭中8頭も選んだのに1頭しか入ってきゃそれは勝てんわw

 

3連単は100万円を超える大荒れ馬券に。3連複も17万つく10万馬券3連複なら取れなかったこともない気がするけど結局はJRAに貯金していまいましたよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

1着には初めて皐月賞で騎乗した松山騎手のアルアイン。2着にはデムーロ騎手のペルシアンナイト3着には年男で期待された武豊騎手のダンビュライト。

 

3連単 1064360円

3連複 176030円

馬単 20720円

馬連 8710円

 

どれも取れなかった自分が悔しいですね。

 

しかしながらとりあえず重賞ウィナー11頭が集まった皐月賞で3歳牡馬の力関係がある程度はっきりしてきた気がします。

 

 

共同通信杯を勝ったスワーヴリチャードは6着、牝馬で挑戦したファンディーナは8着スプリングSを勝ったウインブライトは8着、重賞を2勝していたカデナは9着と馬群に沈んでしまいました。優勝候補とまで言われた逸材も掲示板にすら乗れませんでした。

 

また2歳王者に輝いたサトノアレス、京成杯を勝ったコマノインパルス、きさらぎ賞を勝ったアメリカズカップはともに二桁着順と全く良いところなし。重賞ウィナーが多かっただけになんとも言えません。

 

 




スポンサーリンク

 


その中でも光ったのが13番人気ながら4着に好走したクリンチャー。先行したアダムバローズの後ろにトラスト、その後ろにつけていたクリンチャーは4コーナーを回った時には2番手。そこから末脚勝負にきたレイデオロ、スワーヴリチャードなどから逃げての4着。良い競馬をしました。

 

 

また12番人気で3連単を荒らした立役者のダンビュライトもそうですね。前走のきさらぎ賞でも重馬場ながらしっかりと3着に食い込む強さを見せましたが、今回もしっかりと粘って3着。年男の3回連続皐月賞勝利はなりませんでしたが馬券を外さない強さを感じました。

 

 

また5着のレイデオロは、前走のホープフルからぶっつけでの皐月賞。本番はダービーと前々から公言していたためいい準備運動になった気がしますね。距離が伸びても大丈夫でしょうし、この馬に関してはかなりダービーが楽しみですね。

 

 

そして2着のペルシアンナイトと勝ち馬のアルアインは素晴らしい末脚。昨年の皐月賞レコードを上回って、また中山コースでのコースレコードと同じタイムでの勝利。ダービーも楽しみですね!

 

 

また7着に敗れてしまった1番人気のファンディーナが次走ダービーとオークス、どちらを選ぶのかにも注目が集まります。また面白くなりそうなクラシック。とっても楽しみですね!!!

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

皐月賞 予想 大穴はどれだ!?

さて明日に控えた皐月賞。予想に取り組んではいるものの、どの馬が本当に強いのかはわかりません。実力だけで優劣をつけられない中山最終週。外差しが効きそうな展開もありそうですが、果たしてどうなのでしょう?

 

 

実際はこの皐月賞でこの世代のはっきりとした力関係がわかってくるような気もしているのであまり大胆には勝負できないのですが、オッズ的にはかなり妙味あり。さてどの馬を信用るるか、それはあなた次第です笑

 

 

スポンサーリンク

 




 

そんな中でも僕の予想で信頼度の高い順に馬印をつけてみたらこうなりました!

 

 

◎スワーヴリチャード

◯ファンディーナ

▲ウインブライト

△カデナ

△アウトライアーズ

△アダムバローズ

ペルシアンナイト

穴コマノインパルス

 

このような感じです。

 

思い切って藤沢和厩舎の2頭出しを切ってみました。

2歳王者 7枠13番 サトノアレス

過去10年でも前走スプリングS組から馬券になっているのは8頭、しかし7頭は3着以内馬だった。そして朝日杯を制したとはいえまだまだ若い力関係だったのでそこは考えないことにした。1強と言われたソウルスターリングでさえ3着を死守するのに精一杯だった。混戦模様が伺える今回は消しで。

 

ホープフル覇者 3枠5番 レイデオロ

ファンディーナばかりに目が行っているがこの馬も勝てば無敗の皐月賞馬。しかし前走ホープフルで大目標はダービー、メイチでの仕上げではないし、休み明けではメイチで作ってきた馬に簡単に敗れることも考えられる。トライアルを一つは走って欲しかったとは思っている。

 

 




スポンサーリンク

 



◎スワーヴリチャード

前走の共同通信杯の勝ち方は強さを感じた。4コーナーカーブまでは中団待機。そこから一気に加速して2着馬に2馬身差以上をつけての圧勝。新馬戦、未勝利戦で右回りも経験しており、初めての中山コースも大丈夫だろう。

 

 

◯ファンディーナ

3戦全ての勝ち方を見てもやはり非凡ではない。もちろん牝馬相手に戦ってきていきなりG1で牡馬相手に勝つことがどれほど難しことかは69年の歴史を見ればわかるだろう。しかしそれを跳ね除けそうなレースぶり、期待、牡馬にも劣らない馬体。ここでサラッと勝ってしまいましたなんて結果もあり得るだろう。

 

 

▲ウインブライト

初勝利まで時間がかかったもののそれからは連対を外さない安定した走り。中山では100%連対と相性抜群だ。前走のスプリングSも強い内容で勝利。中山での外枠経験が多くこれが活きてきそうな予感だ。外差しのきく展開となれば昨年のディーマジェスティのように直線一気もあり得るだろう。

 

 

△カデナ

重賞2勝のカデナがここまでの評価になるとは自分もバカだなぁとは思いながらも上記3頭はやはり印を変えられない気がする。実際にはどの馬が勝ってもおかしくはない皐月賞。しかし実力上位で重賞を2勝しているカデナ、全てのレースで上がり最速を出しているだけに侮れない末脚である。

 

 

△アウトライアーズ

前走はウインブライトに破れたもののレベルの高いレースを展開した。スプリングS1、2着馬は高評価を付けられる。その前のひいらぎ賞ではウインブライトに勝っており、また百日草特別ではカデナにハナ差の3着ともなれば実力の高さはわかる。ここでも勝ち負けできるくらいの能力はあるだろう。

 

 

△アダムバローズ

「行けるだけ行く」という陣営の発表でここがハナに立ちそう。若駒S若葉Sではこれまでの中団待機ではなく先行策での勝利。しっかり前で自分のリズムで競馬ができればこの馬の前残りが気がかりである。しぶといレースをしてきそうな予感だ。

 

 

ペルシアンナイト

前走のアーリントンCからの臨戦過程は異例ではあるが3馬身差の圧勝劇は見ものだった。その前のレースでも敗因がはっきりとわかっていて良馬場でやれる今回もしっかりと直線は伸びてくるだろう。前走1600mと、荒れてタフな馬場にはなるだろうがシンザン記念で重馬場の経験がここで生きるだろう。

 

 

穴コマノインパルス

穴という考え方はなかったが、人気がここまで上がらないのは馬券的にかなり美味しい。前走で6着と破れたものの着順ほど気にする敗戦ではないだろう。京成杯も勝っており、ホープフルでは2着と好走。前走はダメだったが中山では3戦して1着1回2着1回と相性も悪くない。勝ち負けまでは厳しいかもしれないが押えておきたい1頭である。

 

 

 

とまぁ8頭の予想ですが、本当にどの馬が勝っても驚かないレースになりそう。ここでの決着でダービー、オークスのオッズにかなりの変動が出そうですが、実力順当に結果が出るとも思いません。69年ぶりの快挙を達成となればダービーにも参加してくるであろうファンディーナ。追加登録料を払っての出走なので侮れない。

 

 

3連単で狙いたいですが、買い目が増えそうなのでそれはもう少し悩みます。でも僕の誕生日馬券はいくらか買いたいと思います。

 

8→2→9

 

現在オッズ732,5 いいですねー笑

 

それではみなさん牡馬クラシック初戦楽しみましょう!!!

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

皐月賞 枠順確定 台風の目ファンディーナは4枠8番から

こんばんは!

 

 

皐月賞の枠順が発表されました。

 

 

1枠1番 マイスタイル 横山騎手

1枠2番 スワーヴリチャード 四位騎手

2枠3番 コマノインパルス 江田騎手

2枠4番 カデナ 福永騎手

3枠5番 レイデオロ ルメール騎手

3枠6番 アウトライアーズ 田辺騎手

4枠7番 ペルシアンナイト デムーロ騎手

4枠8番 ファンディーナ 岩田騎手

5枠9番 プラチナヴォイス 和田騎手

5枠10番 ダンビュライト 武豊騎手

6枠11番 アルアイン 松山騎手

6枠12番 アメリカズカップ 松若騎手

7枠13番 サトノアレス 戸崎騎手

7枠14番 キングズラッシュ 柴田善騎手

7枠15番 アダムバローズ 池添騎手

8枠16番 クリンチャー 藤岡騎手

8枠17番 ウインブライト 松岡騎手

8枠18番 トラスト 柴田大騎手

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

こうやってみると素晴らしいメンバー構成。重賞ウィナー過去最多11頭、前走1着馬が10頭と稀に見る混戦。牝馬ファンディーナの69年ぶりの快挙なるか!?

 

 

1枠1番 マイスタイル

前走の報知弥生賞では逃げ粘っての2着。最後カデナに差されたものの0,1差は素晴らしいレースだった。重賞ウィナーが多数の中ここで金星を上げることはできるだろうか?

 

1枠2番 スワーヴリチャード

過去5年で4勝をあげている共同通信杯からの臨戦。ここで勝てば、やはりとなるかもしれないが簡単に行きそうにないのが今年の皐月賞。しかし14年イスラボニータ、15年ドゥラメンテが連勝した馬番。これまで連対を外してないスワーヴリチャード、ここでも素晴らしい競馬ができるだろうか?

 

2枠3番 コマノインパルス

前走の報知弥生賞では案外な結果だったがここで巻き返しを図りたい。とは言っても0,4差であまり悲観する内容でもないだろう。乗り替わりで江田騎手。少し怖い感じもするコマノインパルスだ。

 

2枠4番 カデナ

メンバーの中では重賞を2勝と実績は上位、そして5戦全てで上がり最速という素晴らしい末脚を持っている。前走も4コーナーから目の覚めるような末脚で2着馬を差した競馬。ここで世代頂点に躍り出たい。

 

3枠5番 レイデオロ

休み明けにはなるが3戦3勝でここで勝てばディープインパクト以来の無敗の皐月賞馬になれる。ファンディーナばかりに目が行きがちだがメンバーの中ではレーティング1位。目標をダービーに設定しているためメイチ仕上げではないだろうが、ホープフルを勝った逸材を無下にはできない。

 

3枠6番 アウトライアーズ

前走のスプリングSでは勝ち馬のウインブライトに迫ったものの半馬身及ばず2着。しかし中山適性は抜群で連対を外していない。田辺騎手が競馬を教え込んでいるのでここもかなり楽しみな1頭である。

 

4枠7番 ペルシアンナイト

アーリントンCを3馬身差で圧勝。初めての中山コースと2000mに対応できるかが鍵。シンザン記念では重馬場に泣いたが、良馬場になっても中山開催最終週でタフな馬場にもどこまで食らいついていけるか。

 

4枠8番 ファンディーナ

3走全てが衝撃的な勝ち方だったため印象的にはかなり強い。フラワーCも5馬身差の圧勝だったが持ったままで前日のスプリングSと差のない競馬。牡馬相手にもやれることを証明している。キャリアの浅さいところは気になるが、紅一点の牝馬が69年ぶりの快挙達成なるか!?

 

5枠9番 プラチナヴォイス

スプリングSでは2歳王者に先着して3着。勝ち馬、2着馬に差されたものの0,2差と粘り込みを見せた。強い競馬で2歳王者を馬券にも入れなかった勝負根性が多頭数になっても出れば馬券を確保するかもしれない。

 

 




スポンサーリンク

 


5枠10番 ダンビュライト

朝日杯でのみ大敗したがそれ以外は安定して馬券になっている。前走の報知弥生賞でも粘っての3着は高評価だ。乗り替わりで武豊騎手を鞍上に迎えるがここはプラスに働きそう。人気しなければかなり美味しい馬券になるかもしれない。

 

6枠11番 アルアイン

毎日杯でサトノアーサーを破ってのここ。強烈な末脚があるわけではないが前々で競馬ができる強さがある。ここでもしっかり前の方で競馬ができれば面白い存在になりそうだ。

 

6枠12番 アメリカズカップ

朝日杯で大敗してからのきさらぎ賞勝ち馬。重馬場を苦にしない末脚は中山最終週のタフな馬場も気にせず走りそう。初めての中山2000mにどこまで対応できるかだろう。

 

7枠13番 サトノアレス

2歳王者に輝いたサトノアレスだったが前走のスプリングSではあっさりと負けてしまった。休み明けだったとはいえ、少し物足りない。ここで巻き返しを図りたいところだ。

 

7枠14番 キングズラッシュ

昨年の東スポ2歳S以来の競馬。休み明け、格上相手のレースでどこまでやれるでしょうか?

 

7枠15番 アダムバローズ

重賞では二桁大敗しているものの若駒S若葉Sを連勝してきての皐月賞。鞍上も引き続き池添騎手。先週桜花賞を勝った池添騎手が2週連続でG1奪取なるか?

 

8枠16番 クリンチャー

キャリア3戦とまだまだ浅い馬だがすみれSではダガノアシュラに4馬身差での勝利。未勝利戦では競馬場や馬場が違うとはいえ、弥生賞よりも3秒ほど早い決着。一発があればまた新たな王者が現れる。

 

8枠17番 ウインブライト

前走のスプリングSを伏兵馬ながら勝利。ひいらぎ賞をやり返す形となったレース。中山でのレースには慣れておりコース適性は抜群。成長著しいウインブライトからは目が離せない。

 

8枠18番 トラスト

朝日杯FSと同じく大外枠に入ってしまったトラスト。陣営の反応もやはり内枠が良かったと。今までの競馬ができない以上少し割り引いて考えるべきだろうか?しかしながら地方からJRAに転入してからも掲示板を外さない安定感はある。ここは評価すべきだろう。

 

 

さて、面白い展開になってきました。枠順も決まってなんとなくな展開も見えてきていますが中山開催最終週ということもあって馬場もかなりタフな感じになりそうなだけに実力だけで見るのはかなり危険だろう。

 

これから日曜日までしっかりと考えて予想して行きたいと思います!

 

 

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報