帯封狙いの競馬予想 へなちょこ馬券美容師

毎週末行われる競馬の予想を行います!

神戸新聞杯予想 消したい人気馬買いたい穴馬

スポンサーリンク

 




f:id:moritoki0829:20170922134845p:plain

 

はい、明日の神戸新聞杯の予想に参りたいと思います。

セントライト記念では皐月賞馬アルアインが2着に敗れましたが、この神戸新聞杯ではレイデオロの敵はなんとなく見当たりません。

 

消したい人気馬

サトノアーサー

こちらは距離が長い気がしますね。これまで結果を残してきたのは2000mまでの距離。となると折り合いに注意しながらも最後の追い込みで3着までに届く姿が見えてこないんですよね。そしてサトノ×川田にはあまり良い記憶がなのでここは消しで。

 

買いたい穴馬

エテレインミノル

逃げ先行馬が少ないのでスローペースになるでしょう。ということで前残りを期待したい。前で道中進んで差し脚も使えるのが特徴。3着までなら。。。

 

 




スポンサーリンク

 



 

僕の馬印はこちら

 

◎レイデオロ

◯マイスタイル

▲キセキ

△ベストアプローチ

△ダンビュライト

穴エテレインミノル

 

 

◎レイデオロ

もちろん実力上位。そして休み明けだった皐月賞とは全く違う仕上がり具合。あの時はダービーを狙っての仕上げ。今回は菊花賞には向かわないと明言してあるので次は古馬相手になるでしょう。同世代のここでは負けられない。

 

◯マイスタイル

マイペースで逃げたダービーでは14番人気ながら4着。鞍上も先週のトライアルで2着、1着と好騎乗したばかりの横山典ジョッキー。ここは期待したいですね。

 

▲キセキ

春は安定しない成績だったが、前走のノーステッキでの勝利は見ていても気持ちが良かった。能力は十分。レイデオロに勝ち負けできるだろうか?

 

△ベストアプローチ

ダービーでは前がふさがって自分の競馬ができていなかった。春の幼さが一夏超えて少し成長した感のある今回は狙って見たい。

 

△ダンビュライト

大崩れしたのが昨年末の朝日杯FSのみ。その後は皐月賞3着、ダービー6着と堅実に走っている。差し追い込み馬が多い中先行力が魅力だろう。

 

 

菊花賞トライアルというこで優先出走権を目指してのレースになるが、菊花賞はダービーで馬券になった馬が1頭も出走しないということになりそうだ。しかしそれはそれ。

 

ということでこちらの6頭で馬券的中を目指したいと思います!!!

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

 

神戸新聞杯枠順確定の見解と予想 ダービー馬レイデオロの信用度は?

スポンサーリンク

 




f:id:moritoki0829:20170922134845p:plain

 

はい、今週末は菊花賞トライアルの神戸新聞杯が行われます。

ダービー馬のレイデオロが始動。先週のセントライト記念では皐月賞馬のアルアインが先に始動し2着。勝ったミッキースワローは重賞初制覇となりました。

 

過去10年のデータを見てもダービー馬を◎にしない手は全くない。そして皐月賞とは違って前哨戦ながらもしっかりと仕上げられている点を見れば買わない手はない。このレイデオロを軸でヒモ穴を狙って馬券的中を狙いたいと思います。

 

2枠2番サトノアーサー

ダービーでは10着。ダービーで着順が6着以下になると一気に複勝率が下がるが、夏を超えてどこまで成長しているかだろう。

 

3枠3番ダンビュライト

こちらはダービー6着。菊花賞の優先出走権をかけて3着までは譲れないこの馬。武豊を背にどんな走りを魅せてくれるか。

 

3枠4番ベストアプローチ

ダービー9着。しかし前がふさがって競馬ができなかった。自分らしいスタイルで騎乗できれば馬券内はある。

 

4枠5番キセキ

春は今ひとつだったが、ここにきて充実している。前走、前々走と楽に勝ってきており、レイデオロを倒すならこの馬だろうか?

 

 

 




スポンサーリンク

 


5枠8番レイデオロ

皐月賞をステップとして使ったダービー馬。ルメール騎手の神騎乗もあっての勝利だったが皐月賞以外では5戦4勝と強さを誇っている。ダービー馬、そしてデータをひっくり返す馬はいるのだろうか?

 

6枠9番マイスタイル

先週のトライアルで好騎乗をした横山典ジョッキー。ダービーでは自分のペースで逃げての4着。ここでも好走があるだろう。

 

7枠11番カデナ

重賞2勝の成績を誇りながらもクラシックではもう一歩足りない感じだった。ここで巻き返しを測りたいところ。

 

と面白いメンツの揃った神戸新聞杯。今年はどの馬が菊花賞への出走権を獲得するのだろうか?見所はたくさんある。

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

 

神戸新聞杯過去10年のデータ ダービー馬レイデオロ始動!

f:id:moritoki0829:20170920082113p:plain

スポンサーリンク

 




 

f:id:moritoki0829:20170920081654p:plain

過去10年の3着までの馬名。

枠順・馬番・馬齢・斤量・人気・脚質

コーナー通過順になります。

 

f:id:moritoki0829:20170920081840p:plain

3・5枠ら2勝ずつ。8枠は3勝しているが、フルゲートで出走したのが2回あるが16番以上の馬番は馬券に絡めていない。

 

f:id:moritoki0829:20170920082357p:plain

 

1番人気が6勝2着2回と複勝率・連対率共に80%とかなり高い数字となっている。基本的には上位人気馬が勝ち馬となり伏兵馬が2・3着に食い込んでくる感じだ。また2番人気も1勝2着2回3着4回。3番人気2勝2着2回3着1回。

 

 

 

 




スポンサーリンク

 



f:id:moritoki0829:20170920083108p:plain

過去10年の前走別成績。

 

過去10年で8勝をあげているのが前走東京優駿組。また30頭中17頭が東京優駿組。その中でも東京優駿で1着だった馬は3勝をあげている。

 

前走条件戦であっても1・2着であったら本レースでは2・3着に食い込んでくる可能性はある。

 

ダービー馬のレイデオロが始動。皐月賞は確実に叩き台としての始動だったため信頼度は下がったがダービー向きということでダービーではぐんと信頼度が上がった。

 

前走条件戦ながら圧倒的な勝利を収めたキセキ。重賞勝ち鞍はないものの重賞2着2回の実績を誇るサトノアーサー。皐月賞では12番人気から3着に食い込んで波乱を演出したダンビュライト。

 

クラシックでは振るわなかったものの重賞2勝の実績を誇るカデナ。ダービー4着と好走したマイスタイル。青葉賞2着のベストアプローチ。

 

などなど面白いメンツが揃いました。今年はどんなレースが展開されるのでしょうか?

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

 

朝日杯セントライト記念予想 

スポンサーリンク

 




 

朝日杯セントライト記念

菊花賞トライアルで1〜3着馬に菊花賞への優先出走権が与えられる。

 

ローズSではラビットランが突き抜けて勝利。逃げてペースを作ったカワキタエンカが粘って2着。姉妹制覇を目指したミリッサはハナ差で4着に。そのミリッサをハナ差交わしたのがリスグラシュー。

 

大荒れでしたね。ファンディーナはもとより信頼していなかったですが、デムーロ騎乗のモズカッチャンが馬券外。そして前走までそのモズカッチャンに騎乗していた和田騎手が500万勝ちしたばかりのラビットランで勝ってしまうのだからなんとも皮肉なレースだった。

 

台風の影響もありそうだったが、発表は曇りながらも良馬場。もっと馬場が湿っていればまた違う結果だったかもしれないが。しかしここでも大崩れしないリスグラシューはやはり秋華賞で狙いたいと改めて感じさせられた。

 

7着モズカッチャン、6着ファンディーナは1走叩いての上積みを期待したい。レーヌミノルはやはり1600mまでが限界だろうか?マイラーやスプリンターとしてなら上でも戦えるはず。

 

とはいえ、終わったレースをどうこう言うつもりはないので、明日のセントライト記念の予想に行きたいと思う。

 

 




スポンサーリンク

 



ラジオNIKKEI賞勝ちのセダブリランテスが出走回避したため、皐月賞馬アルアイン一強ムードがかなり漂っているが果たしてどうだろうか?

 

僕の馬印はこうつけました。

 

◎クリンチャー

◯サーレンブラント

▲アルアイン

△プラチナヴォイス

△サンデームーティエ

穴クレッシェンドラブ

 

 

 

消したい人気馬

サトノクロニクル

過去レース全て1番人気に推されてきたが応えたのは2度のみ。前走は6着に敗れている。今度は乗り替わりでデムーロ騎手。今日のモズカッチャンのようにテン乗りだとさすがに厳しいか。。。

 

 

◎クリンチャー

馬場が湿っていれば確実にいいレースをしてくれるだろう。中山との相性も悪くないだろうし、新馬戦では出していけなかっただけで道悪巧者と言っていいだろう。ここで皐月賞馬撃破も。

 

◯サーレンブラント

馬場への対応が鍵になるだろうが、信濃川特別を3着してきたこの馬を狙いたい。

中山の舞台でも末脚が発揮されることを期待して。

 

▲アルアイン

実力上位。

 

穴クレッシェンドラブ

先行策をとるようになって馬券内に入るようになってきた。先行しながら上りも使える穴馬候補として。

 

こちらで勝負したいと思います!!

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

 

ローズS枠順確定後の予想と見解 ファンディーナの取捨は?

スポンサーリンク

 




 

f:id:moritoki0829:20170915142747p:plain

こんばんは!

台風が迫っておりますが、そんなこと関係なくしっかりとローズSの予想をしたいと思います。枠順も確定いたしまして、まぁ過去10年どの枠からも勝ち負けに絡んでいるのでそこまでこだわる必要はないかと思いますが、脚質だったりで内外どっちがいいというのは陣営にはあるでしょう。

 

台風が迫っておりますが、そんなこと関係なく予想はしません。台風で馬場が湿ればやはり面白い結果も待っているかもしれません。牝馬クラシックではなく皐月賞に挑戦したファンディーナの取捨には迷うところではあります。

 

牝馬のトップクラスと激突するのはこれが初めて。しかしそこにアドマイヤミヤビ、ソウルスターリングがいないのは惜しいですが、それでも顔ぶれは十分。今年の秋華賞トライアルはどうなるのでしょうか?

 

 




スポンサーリンク

 



1枠2番モズカッチャン

フローラS・オークス共に1枠での勝利と2着。今回も内枠を引けたのはよかったんではないだろうか?中団から前目で競馬ができれば勝ち負け必須。新馬、未勝利と稍重は経験あり。もっと湿った時の対応がどうだろうか。

 

3枠5番ミリッサ

過去10年で前走1000万下の条件戦で勝ってきている馬は3着までしか来れていないものの、昨年の覇者シンハライトに続いて姉妹での制覇狙いたい。

 

3枠6番リスグラシュー

オークスでは5着と沈んだものの、阪神外回りなら折り合い面も大丈夫だろう。ひのきの舞台を目指してここは負けられない戦いとなる。桜花賞では湿った馬場でソウルよりも先着している。期待できるだろう。

 

5枠10番レーヌミノル

オークスでは13着と大敗したものの桜花賞ではリスグラシューやソウルを負かしての勝利。湿った馬場も苦にしないのであれば問題は距離だけとなるだろう。

 

8枠17番ファンディーナ

無敗の皐月賞馬にはなれなかったものの着差はコンマ5秒。牡馬の一級戦相手にここまでやれれば合格点だろう。しかしどの馬もそうだが、一度放牧に入りここをメイチには作ってきてないはず。それでも勝ち切るようならやはり大器と言えるだろう。

 

これからしっかりと予想を練っていきたいと思います!!!

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

 

朝日杯セントライト記念予想 皐月賞馬アルアインは絶対か!?

スポンサーリンク

 




 

菊花賞トライアル・朝日杯セントライト記念が3連休の最終日に行われます。昨年は皐月賞馬ディーマジェスティがここを制して菊花賞に駒を進めました。また一昨年はダービーで14着に破れたキタサンブラックがここを制してその勢いで菊花賞も制した。今や現役最強馬と呼ばれる逸材に成長した。今年はどんなトライアルが見られるのだろうか?

 

今年はイブキが出走回避。そしてラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテスも回避が決定した。2頭が出走回避したことでフルゲートではなくなったが、それがどう影響するだろうか?

 

有力馬を見ていきたいのですが。。。

 

アルアイン

今年の皐月賞馬。ダービーではコンマ3秒差で5着となればそこまで悲観する内容ではない。もちろんこの馬一強という形にはならないだろうが、毎日杯を勝っての皐月賞制覇となれば実力は疑う余地はない。

 

サトノクロニクル

「川田騎手のサトノ系1番人気は2着固定か着外で良い」という僕の中での迷信を信じてラジオNIKKEI賞はしっかりと守ってくれたので今回も1番人気になるようなら危険wwwというのは僕だけの迷信です笑

とはいえ、京都新聞杯で2着という成績に加え1800m以上を使われていることで距離の対応は可能だろう。

 

クリンチャー

皐月賞4着で一気に評価をあげる形となったが、ダービーでは13着と大敗。しかし、今回はレベルが一気にダウンするここでは勝ち負けできてもおかしくはない。

 

 




スポンサーリンク

 


サーレンブラント

僕が1番気になっているのがこの馬。2400mで2勝しており、この辺りの距離はかなり得意となるだろう。信濃川特別でも3着に食い込むなど、過去の全てのレースで上がり3位以内という末脚を披露している。ここも評価したい。

 

 

ということで僕が木になる馬を何頭かあげましたが、これからしっかりと予想していきたいと思います!アルアインだけに頼るのは何かと怖い気もしています笑

 

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

 

ローズS アドマイヤミヤビの出走回避はどう影響するか!?ソウルは天皇賞・秋へ!

スポンサーリンク

 




 

こんばんは!

夏休みを頂きまして4日間帰省しておりました。その間に父にもらった風邪で体調を崩して、紫苑S・京成杯・セントウルSを全て欠場いたしました。

 

ということで今週末のローズS・セントライト記念はしっかりと予想に入りたいと思っていたのもつかの間。夏の風邪は長引くものですね。なかなか体調が元に戻らないもので、本調子での予想というわけには行かなさそうですがクラシック第3戦のトライアルということでここもしっかりと頑張りたいと思います。

 

しかし、上位人気しそうなアドマイヤミヤビが出走回避。ということで今年はどうなってしまうんでしょうか?

 

昨年は1番人気のシンハライトがハナ差で逃げるクロコスミアを捕まえての勝利。その後引退してしまったのですが、1番人気が過去10年で8度馬券に絡むなど信頼度はかなり高めとなっていますね。

 

アドマイヤミヤビが出走回避、ソウルスターリングが天皇賞・秋を目指したとはいえ今年のローズSはいつにもなく豪華な顔ぶれのような気がしてるのは僕だけではないはずですね。

 

さて有力馬から見ていきたいと思います。

 

ファンディーナ

デビュー戦から3連勝でフラワーC・G3を制覇。舞台を牡馬相手の皐月賞に選んで1番人気に推されるものの7着と敗北。しかし牡馬相手にコンマ5秒差の戦いは素晴らしかった。またそれまでの3勝もいずれも濃い内容の勝ち方。牝馬相手なら敵はいないのか?遅れてきた新星がローズSを勝って最後の1冠を目指す。

 

リスグラシュー

オークスの敗因は明らか。とはいえ5着に粘れたのはこの馬の自力だろう。昨年の阪神JFでは勝ち馬ソウルよりも良い2着だった。今回こそは取っておきたい舞台となるのは間違いない。

 

モズカッチャン

初勝利までに3戦を要したものの、12番人気でフローラSを勝利し勢いそのままにオークスでも2着と健闘。気になるといえば馬券にならなかった新馬戦の阪神芝1800mという舞台だけだろう。

 

 




スポンサーリンク

 


ミリッサ

輝かしい成績で惜しまれながら早い引退をしたシンハライトの妹・良血馬。これまで1600mしか使われていないのは不安要素ではある。またローズSは前走レースが1000万下の馬は3着までにしか来れていない。勝ち負けまではどうか。

 

レーヌミノル

言わずもがな桜花賞馬。しかしオークスで13着大敗とやはり距離が少し長かった。これまでも1600m魔でが多かったためやはりスプリンターからマイル向きなのは目に見えている。1800mまでこなせるかが鍵になるだろう。

 

カラクレナイ

新馬戦は4着に終わったものの、未勝利からフィーリーズRまで3連勝で重賞を制覇。桜花賞では4着と惜しかったが、NHKマイルカップでは1番人気ながら17着と大敗。こちらもマイルまでだろうか?

 

ミスパンテール

チューリップ賞では2着とリスグラーシュを3着に負かしたが、桜花賞・オークスと見せ場なく敗退。ここでどこまで詰められるか。。。

 

 

はいここまで見てきましたが、顔ぶれは十分。アドマイヤミヤビの出走回避は惜しいもののソウルは最初からここを向いていませんでしたし、このメンバーでも面白いレースになりそうですね!

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報